情報システム

2008年6月 3日 (火)

Windows 7はWindows 6.1の方が売れると思う

マイクロソフトのWindows NTマーケティングチームに居た頃、次期OSがWindows NT 5.0ではなくWindows 2000になったと聞かされたときの驚きは今も覚えています。

それまで、9x系という擬似32ビットOSではない真の32ビットOSという誇りがあったのに、名前が後おいで真似てしまうのは残念であり、逆にこれでメインストリームになるという宣言でもあるのだなと思ったものです。

ただ、内部的に膨大にWindows NT 5.0と書かれているので、その名称変更だけで出荷が少なくとも3ヶ月は余計に伸びるし、2000年問題とかささやかれるなかそういう「遊び」をしている暇などあるのかという想いがしたものでした。ただ結局、SteveBが言うならやろうよ。という雰囲気がマーケティングにはありました。レッドモンドの開発の人々は違う想いだったかも知れません。

さて、その後、2000を経て9x系との統合は9x系の最後のOS Windows Meが惨憺たる状況だったことも手伝い、大きな期待と行かねばならないという期待の中Windows XPで一つの完成を迎えました。基本的にWindows 2000と同じなのだけど、より9x系から乗り換えても不自由を感じないという設計、ローエンドのHome Editionでも堅牢になったOSの構造自体が大いに受け入れられたのだと思います。

さて、その後のWindows Vistaは結局大きく成功したXPを捨てる理由を作れずに「失敗」とみなされています。有り余るPCのパワーをどう使うかというテーマに沿った新しいユーザインタフェースが振り回されてしまったという感じがあります。

Windows 7はWindows 6.1という名前の方が売れると思う

さて、そのVistaの次という「Windows 7」ここは一つ原点回帰でソフトウェアのバージョンのつけ方のセオリーに戻って、Vistaというメジャーリリースの問題を直したマイナーリリースということを表すWindows 6.1という名前で出して欲しいと期待しています。そのほうが売れそうだし、謙虚に問題を直して使いやすくしたと、市場に語りかけて欲しいのです。

バージョン番号は単なる符号ではありません。
バージョン1じゃ買ってくれないからと最初のリリースを 2で出したOracle。ある程度品質に自信もあったのでしょう。NT系としては最初だったけど16ビット系のバージョン番号とあわせたバージョン番号で出したWindows NT 3.1。これは、触ってみて、せめて 3.0にしといた方が良かったかなとか思いましたが、その後 3.5、3.51、4.0とじわじわと改良を重ねていきます。理想から離れたという側面もありましたが、実用度は上がっていきました。

結局パソコンのOSは基盤ソフトであり、画期的な革新はそうたびたび起こるものではないと率直に語りかけた方がいいのじゃないかと思います。

マルチコア、仮想化、Eee PCなどの5万円パソコン、とかとか新たなトレンドがいくつかあります。Windows 6.1は大きく重たいというVistaの後退した側面を解消して、5万円パソコンでも軽快に使えて、なおかつマルチコアの利点も生かせるメリットを提供してくれることを期待しています。そこには、多分、仮想化が重要な鍵となるとにらんでいますが、今後小出しに情報を出していくというシノフスキー氏の手腕に期待しています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年2月 2日 (土)

MicrosoftによるYahoo!買収で見えたITゴリラゲーム戦線の拡大

MicrosoftによるYahoo!買収提案。日本の企業だと冗談じゃないと無条件に反発しそうなものだが、そこは株主と株価への責任が重視される北米の公開企業。破格の条件提示に対しては急ぎ、誠実に検討するという回答がなされた。

対Google対抗での枠組みだけで語られているが、むしろエンタープライズIT業界での競争とネットサービスインフラとが近づいており、ネットサービスという層を取らないことで、マイクロソフトの本丸たる、Officeやサーバーコンピューティング、そして来るクラウドコンピューティングの存在感を無くし、ひいてはMicrosoft自体の存在が危うくなると考えているようにみえる。
かつて、キャズムのムーア氏の資料を基に2007年版をつくったエンタープライズゴリラゲーム 2007の表を引用しよう。
Theenterprisegorillagame2007

下はプロセッサーから、上はコンピューティングサービスまでの層になっている。しかし、この上下の次元には、クラウドコンピューティングとかSaaSとかの観点の軸がもともと無かった。また、ユーティリティコンピューティングへとシフトするなか、GoogleやYahoo!が提供するネットサービスはエンタープライズコンピューティングとの境目が薄れつつあり、その領域で勢いを強めているGoogleが、競争の枠組みを変えて土俵を奪いかねない情勢に見えたのだろう。

将来、「ゴリラ」として陣地を固めた企業が生き残り、チンパンジーたちは蹴散らされるのではないかとか言われてきた。そして、MicrosoftがYahoo!を買収することに成功したそのときに、Googleが8匹目のゴリラとして競争に参入したというマイルストンになることだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月11日 (金)

2008年、SMBでの第二次ERPブームとBPOとしてのSaaS

SMB(中堅中小企業)市場に強いIT調査会社ノークリサーチの発表によると、2008年はERP(統合パッケージソフト)が第二のブームという。伊嶋社長のお話は数年前に何度か聞かせていただいたが、日本のSMBの情報システムについて、現場をよくご存知だと感心したことを覚えている。

大企業が戦略的に新しいトレンドを取り入れようとする方向があるのと比べて、中堅中小企業は実利的であり、石橋も他人が渡ってどうも大丈夫そうだと確信するまでは渡らない傾向がある。先走って危ない橋を渡るより、それはそれで賢い合理的なやり方なのだ。

ZDnetは、これを守り中心と報道した。確かにそれは発表要旨にあることなのだが、中堅中小企業が攻めのためのIT投資を活発化したことはあまりなく、何を今さら感が強い。日経ITpロはそこではなく、「SMBに第2次ERPブームが到来」と見出しをつけたが、こちらの方がより本質をついている。いよいよ「カスデベ(カスタム開発)」の時代が終わろうとしているのだ。来る来るといわれ続けて何年も経ってやっとSMBにとってのERPは他人がいっぱい渡った安全な橋と変わったようだ。実装に関わるSI、営業、開発者など導入のエコシステムがこなれていよいよ収穫期を迎えたのだろう。

ビジネスプロセスアウトソースとしてのソフトウェア(SBPO)

何でも略語にしなくていいのだろうが、日本のSMBに受けるのはSaaSじゃなくて、何かを端的に言うのに、SBPO(ビジネスプロセスアウトソースとしてのソフトウェア)と名づけるのはどうだろうか? ノークリサーチが定義するSMBは年商5億から500億円というレンジの企業だが、その下の層たるSmallBizは自前のERP導入などは及びもつかない。ではどうしているかというと、TKCとかの税理士・会計士つきのサービスを長らく利用してきた。株式会社バックオフィスとかのサービスもある。

世間がASPだとかSaaSだとか騒いでいるが、そんなことより早く業務アウトソースサービスを使ってきたのだ。こんな便利なものを手放す気にはなかなかなれないだろう。また、それより高いレベルで財務を経営に生かそうとかなるとOBC勘定奉行とか、Smile αとかのローエンドERPが確固たる足場を築いている。

こういう日本市場にSaaS型ERPが食い込んでいくのは大変だろう。マイクロソフト時代の元上司に先日会った時にもこのことを聞いた。グローバルカンパニーで働いていて何が辛いかというと、本国とギャップが大きな市場で孤軍奮闘することなのだ。売り上げという結果を出しにくい。また、パートナー販売でがっちり売り手の構造が出来上がっているのでそこを切り崩すのは大変だ。

この外資SaaSが日本のSMB市場で苦戦するという図式は、日本の遅れを示しているとは思わない。SMBは地域ごとに違う行動様式を持つということなのだ。北米式のやり方が通る地域ももちろんあるが、そうでない地域も少なくない。そして、日本はSaaSの先を行くSBPOに自信を持ってもいいだろう。逆に言うと、見込み客獲得、売り上げパイプライン管理、既存顧客のフォローとかいう顧客ライフサイクルをトータルにサポートできるから売り上げが増やせるというトータルなERPならではのメリットとかを外資SaaSベンダーが示し、企業の変革にまで進めていくとこができれば、チャンスが生まれてくるだろう。

ただ、こういう先進的な利用は大企業やベンチャー企業の方が取り組みが早い。統合パッケージ型SaaSが離陸するよりも先に、CRM/SFAだけを切り出したSaaSが大企業から広まり、2009年以降にSMBにも広まる兆候が出てくるかもしれないが、このあたりはCRM/SFAを本当に生かして成功する企業が目立ってきてからだろう。

SaaS は日本では苦戦する」というサンマイクロ高橋さんの予測には、半分Yesで半分Noという感想を持った。コメント欄にも書いたが、日本のSmallBizはSaaSの先を行っているとも言えるし、すごく遠いところにも居ると思うのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)